ビールで行こう

ビールの感想やビアバー、ビールに合う料理など、ビールに関する情報をお届けします!

【予約開始】キリンのクラフトビールプロジェクト「スプリングバレーブルワリー」の第2弾「Willy」!


スポンサードリンク

キリンのクラフトビールプロジェクト「スプリングバレーブルワリー」の第2弾商品「Willy」の予約が開始となりました。6本入りのセットが税込み3,000円で、配送時期は10月下旬。数量限定で先着3,000名の予約を受け付けています。

f:id:pon_xxx:20140827212450j:plain

Willyはピルスナースタイルのビールとして開発しているようです。以下に商品説明を引用します。

ピルスナーは日本のみならず世界中で広く愛されているスタイルですが、決して平凡で「無難」なビールではありません。
ビールのスタイルの王道であるがゆえの奥深さを持ったビールだと私は思います。
だからこそ、一杯目にはもちろん、他のビールを楽しんだ後にもまた無性に飲みたくなる。
そんな「立ち返る場所となるビール」を目指しています。
縁あって、このビールの開発を担当することになったのは、昨年ドイツ留学から帰ってきた直後のことでした。
留学時にはヨーロッパ各地の様々なスタイルのビールを飲み歩きましたが、その中でも震えるほどうまかったのは、ドイツとチェコのとあるブルワリーのピルスナー
これがまさに、ビールの「高み」だと実感しました。
同時に、いつかこの「高み」をさらに超えるピルスナーを造りたいという想いを強く持つようになりました。
Copeland」の開発では、上質な苦味と麦芽の甘味で、飲み進むほどに味わい深くなる、絶妙な個性をもった味覚にこだわりました。
これからさらに追求したいのは、1杯でしっかりとした満足感があり、でもまた飲みたくなってしまうような苦味と甘味そして香りの最適なバランスです。
みなさんのご感想を参考に、新次元のピルスナーを完成させます。

SPRING VALLEY BREWERY|キリン オンラインショップ DRINX(ドリンクス)

ピルスナースタイルなので、普段キリンが製造している他のピルスナースタイルのビールとどう差別化してくるのかが楽しみですね。

数量限定なので、欲しい方は急いで予約しましょう!ちなみに、私は「496」の予約申込時に全4シリーズ一括予約で申し込んだので、Willyも予約済みです。楽しみだなあ。

広告を非表示にする